« ラティハン③ | トップページ | ラティハン⑤ 祝祭 »

ラティハン④ 大天使ラグエル

ある日、オーラソーマのページを見ていて、
惹かれるわけではないのだけれど(色合い的には全く好みではなかった)、
でも、なんか気になったのだろう、
B114というボトルの説明を見た。

大天使ラグエルというボトルだった。

初めて聞く名前だった。

ボトルの説明を見ると、
ラグエルは、ジャッジをしない気付き、
他人の視点を理解する、
比較を超えていく、ということと関わっているという。

ああそれは、私にとって大事なことだなと思った。

そしてそのまま自然にラティハンが始まっていった。

そのラティハンは、ラグエルとの交流となったのだった。

何か清らかなエネルギーを感じながら、

手の舞のようなことが起こった。

声を出さない、呼吸による風の音のようなトーニングが起こった。

それらが終わると、みぞおちのところにさーっとエネルギーが流れ込んだ。

後で、もう一回ボトルの説明を読み直すと、
このラグエルのボトルは、太陽神経叢への手放しの入り口とも書いてあったので、
ああ、本当にラグエルとの交流が起こっていたんだなと思った。

それから少し時間がたって、
夕食を食べ終えて、窓から夕陽を眺めていた時のことだった。

心静かにくつろいでいると、
ふと、先ほど受け取ったエネルギーに対する理解が起こったのを感じた。

そのエネルギーがメッセージ化されて、私の中に浸み込んできたのだった。

それは、このようなメッセージだった。

「もし幸せが、
例えば、オリンピックの金メダルのようなものだったら、

みんなが一つの価値観における高みを目指し、
限られた人しかそこへ行きつけないようなものだったら、

一握りの人しか天国へは行けない。
あとは地獄のようになってしまう。

そうではなくて、
それぞれの感覚に応じた幸せがある。

幸せは、社会的な価値とは関係がない。
人がどう思うとかも、関係がない。
誰かがこう言ったからとかも、関係がない。

その人が、本当に素直になったとき、そのときに感じる幸せが、その人の幸せ。
そこには、それぞれに、いろんな種類の、いろんな感覚の幸せがある。

そうなったら、どうなる?

全てが、そこらじゅうが、全部天国になりうる。

だから自分を愛すことだよ。

自分の感覚を信じていきなさい。」

ラグエルの、ジャッジをしない気付き、
他人の視点を理解する、
そして比較を超えていく、ということをよく表現しているメッセージだなあと思った。

このメッセージは、
このブログを読んでくださってる人たちに向けても、語られたみたいだ。

自由に、喜んで任せていたら、
ラティハンではこのようなことも起こるのだなと思った。

|
|

« ラティハン③ | トップページ | ラティハン⑤ 祝祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラティハン③ | トップページ | ラティハン⑤ 祝祭 »