« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

金星の叡智 ありのままに見る

鞍馬山に行く前、
まだ日程も決まっていない頃、
結構激しい浄化が起こった。

荒れ模様、みたいな心の中を俯瞰してみているうちに気が付いたのである。

「ああ、私は自分のことが嫌いだったんだな」と。

多分、金星は私にたずねていたのだと思う。

「あなたは、自分のことをありのままに感じていますか」と。

自分のことをありのままに感じるとは、
他人にこう見せたいという自分ではなく、
こうありたいという自分でもなく、
努力してスペックを上げた自分でもなく、

もう全部をはぎ取った、かっこつけようもない、
素の自分のことを見るということである。


ありのままを感じるというのは、結構難しい、
勇気の要ることかもしれない。

自分のことは好きでなくてはいけない、
自分を嫌いなことは悪いことだというジャッジが働いたりする。

そのために、自分のことを好きなふりをしたり、

直面するのを避け、目をそむけたまま生きたり、

他人のことに一生懸命になって、
自分のことを忘れようとしたり、

自分を飾り立てて立派に見えるようにしたり、

自分が好きと思える自分になれるように一生懸命努力したり、

自分に対する嫌悪感を、外の世界に映し出して、
自分ではなく外の世界が悪いのだというふうに思い込んでいたりする。

また私は、より大きな自分に戻っていこうとしているのに、
そんな小さなエゴのことなんか気にしていてはいけない、
と思い込んでいたときもあった。
それも一種の、逃げだったのかもしれないと思う。


ありのままを見るというのは、
ただただ、素直に、感じることである。

自分のことをありのままに見て、
もし自分のことが好きではなかったとしたら、

それは、その好きではないという気持ちの中に、
これから変容していくためのヒント、気付きの材料が
たっぷり詰まっているということである。

ただ素直に感じていくことによって、
それらの気持ちは、溶けて、分解して、
それぞれ必要な気付きへと導いていってくれる。

自分にとって宝物みたいなリソースなのである。

以前、チャネラーの千春さん(千さん)に、
「人はそれぞれ、自分にとって必要なことを感じてるよ」と
言われたことがある。

そういう意味だったのか、と思う。

ロールプレイングゲームでは、出会った人やものが
自分を導く鍵やアイテムとなる。

それと同じで、
私たちは、日々、人や環境を通じて起こることによって、
自分を深めていく鍵となるものに、出会い続けているのである。

それは、その人、その時によって違い、
今のその人にとって必要なものが、与えられているのである。

それに気づき、生かすことができるのは、
たった一人しかいない。

自分だけなのである。

それらをうまく生かすには・・・。

自分がそれらに出会ったことによって、自分の中に起こっている感じ、
それを素直に味わうこと、なのである。

素直に感じることは時に怖いかもしれないが、恐れる必要はない。
なぜなら、その感じることに実体はないからである。

感じることは、単なるきっかけである。
自分が必要な場所へ導かれていくためのきっかけなのである。

感じたことは、自分が必要な場所へ移動し、
必要なことに気付けば、消えていく。

本当は、ないことなのである。
だから自由に感じ、自由に味わえばいい。

自分をありのままに見、感じていくことだけで、
大きな変容が起こり、必要な場所まで導かれていくということが起こる。

宇宙はそういうふうにできている。


と、そんなふうに、私は金星からの情報を読み取っている。

| | コメント (0)
|

金星の叡智

この前の新月の日、私とTくんは京都・鞍馬山にいた。

5月に日の出の尖山に行ったときに、
山道を歩きながら鞍馬山のイメージが浮かんだので、
「鞍馬山に行くといいみたいだよ」と言ったら、
前々から行きたいと言っていたTくんも、「じゃあ行こう」となって、
それが実現したのだった。

鞍馬山へ向かう車中、
自分の過去のことなども含め、
いろいろなイメージが、やって来ては消え、やって来ては消え、
その中で、今まで気付いてきたことが、別の気付きにつながったり、
また気付いていなかったことに気付いたり、ということが起こっていた。

鞍馬山といえば、
ご存じ、サナートクマラとか金星と関わりが深いといわれている山である。

鞍馬山を歩き、
サナートクマラが祭られているとされている魔王殿にたどり着いたときに、
私は、車中でも、そしてここに来るまでの1週間くらいの間も、
ここに降りているソースと同じものにつながっていた、と思った。

このところいろいろな浄化が起こったり、
さまざまに気付きが深まっていたそれらは、
ここに降り立っている存在の源である金星とつながっていて、
そのサポートによって起こったことだったんだな、と気が付いた。

これまであまり、金星には関心が向かなかった。

でも今回、金星は、すごく地球にとって、
実際的な、ためになる叡智を持っている星なんだなと実感した。

金星から、私が実体験を通して受け取ったことについて、
これから何回かに分けて綴っていこうと思う。

| | コメント (0)
|

ラティハン⑤ 祝祭

多分、ラティハンに何か効果があるとすればそれは、
毎日が祝祭になってくるということではないかと思う。

祝祭とは、全てに満ち足り、全てが完璧であることに喜び、祝うことである。

ラティハンをやっていると、結構それが可能なのかもしれないということが、分かってくる。

といっても、日常が満ち足りているから、祝祭になるのではない。

現実は、過去いろいろな形で設定してきたものが実現しているすがたである。

言ってみれば、すでに収録されたものが放映されていっている、
そこをのぞき込んでどうのこうの言っても、そこに手を加えることはできない。
TV番組を見ながら文句言ったって、番組内容が変わらないのと一緒である。

全てが完璧だと思うとき、私は現実にはいない。

もちろん肉体が消失するとか、どこかの次元にテレポーテーションするとか
そういうことではなくて、肉体は現実にいながらにして、意識が、
いいとか、悪いとか、そういった二元性のものを超えて、
違う次元に、全てが完璧であるという場所に、戻っているのを感じる。

そのとき、現実がどうであるかということは、全く干渉してこない。
無関係なのである。

問題があるという前提で存在してきたから、
問題があるような現実になっていただけで、

全てが完璧であるという気づきに戻れば、
そもそも問題がなかったということに気付く。

そこでは、問いに対する答えが出るのではなく、
そもそも、問いそのものがありえなかったということに、気付くのである。

もし、現実が変わる必要があるとするならば、
そういう次元に立ったとき、初めて本当の意味で、
現実が大きく変わっていくのではないかと思う。

現実が無関係となったときにはもう、
現実を変えたいという思いは、なくなっていたりするのだけれども。

OSHOはこんなふうに書いている。

『どこかに目的地がある
いまのこの瞬間はただの手段に過ぎない
そして目的地がどこかほかに
ひとつ到達されるべきものとしてある
これがあなたのエネルギーのひとつの次元だ

これは<行動>の次元
目標志向だ

そのとき、あらゆるものは手段になってしまう
なんとしてでも、そのことは成されなくてはならず
あなたは目標に到達しなくてはならない
そうしてはじめてリラックスする

ところがこの手のエネルギーにとって
その目的地は絶対に来ない
なぜならこの種のエネルギーは
あらゆる現瞬間を
何か未来に向かう他のことのための一手段へと
転化し続けるものだからだ

その目的地はいつまでたっても地平線上にある
あなたは走り続ける
だが、その距離は同じままだ・・・

・・・目標志向人間
彼らは狂人だ
彼らはだんだんと狂ってゆく

それも彼らは自分で自分の狂気をつくり出してゆく
そうするとその狂気は、それ自体の慣性を持つことになって
段々と彼らはそれに深くのめり込んでゆく
そうやって彼らは、完全に道に迷ってしまう・・・

違う!
もうひとつ別な次元のエネルギーがある
それは動機付けされざるお祝いという次元だ
その目的地は<いま>と<ここ>だ。

どこかほかにある場所じゃない
実際にはあなたが目的地なのだ!
実際にはこの瞬間よりほかに、どんな完成もない

あなたが目的地であって
ゴールが未来になく
到達されるべき何ものもなく
むしろあなたはただそれを祝うべきのみであり
あなたはすでに到達している

それがもうある、というとき
それがリラックスだ
動機づけされないエネルギー・・・


・・・そして私があなた方に教えているのもこれだ
祝祭者でいること
祝うのだ
すでにもう too muchなのだ

花たちは開いた
鳥たちは歌っている
太陽が空にはある
それを祝うのだ

その上、あなたは息をし、生きている
そしてあなたは意識を持っている
それを祝うのだ

そうすると突然、知らない間に
あなたはリラックスする
もうそこにはどんな緊張もない
もうそこには何の苦痛もない
苦痛になるはずのエネルギーが全部感謝になる
あなたのハート全体が深い感謝で脈打ち続ける

それが祈りだ
それこそが祈りのすべてだ
深い感謝に脈打つハート・・・

子どもが踊りはね、そして走り回る
その子に「君はどこに行くんだい?」と聞いてごらん
彼はどこに行こうとしているんでもない

彼にはあなたがバカみたいに見えるだろう
子どもたちは、いつも大人はバカだと思っているものだ
何というナンセンスな質問だろう
「君はどこへ行くんだい?」なんて
いったいどこかに行かなくちゃいけない必要なんてあるのかね?

すると目標志向の心は問いつめる
「それならなんで君は走ってるんだい?」

私はあなた方に言っておこう、
行くところなんかどこにもない、とね
<ここ>がすべてだ
全存在はこの瞬間において絶頂に達しているのだ
それはこの瞬間の一点に集中しているのだ

全存在は既に
この瞬間の中に流れ込みつつあるのだ
<在るところのすべて>はこの瞬間に流れ込んでいるのだ
<いま>と<ここ>

子どもはただただそのエネルギーを楽しんでいる
彼はありあまるものを持っているのだ
彼は走る
どこかに行きつかなくてはならないからではなく
ありあまるものを持っているがために
彼は走らずにいられない・・・』


毎日が祝祭。

喜びでそうせずにはいられない、
そんなふうに行為が起こってゆく中で、生きていくということ。

そのような祝祭仲間が、増えていくといいなと思っている。

お互いが思い思いに、それぞれの場所で、
自分の感覚を大事に、毎日を祝祭して生きる。

そして、見えないところで喜びでつながっている。

そんなふうにして。

| | コメント (0)
|

ラティハン④ 大天使ラグエル

ある日、オーラソーマのページを見ていて、
惹かれるわけではないのだけれど(色合い的には全く好みではなかった)、
でも、なんか気になったのだろう、
B114というボトルの説明を見た。

大天使ラグエルというボトルだった。

初めて聞く名前だった。

ボトルの説明を見ると、
ラグエルは、ジャッジをしない気付き、
他人の視点を理解する、
比較を超えていく、ということと関わっているという。

ああそれは、私にとって大事なことだなと思った。

そしてそのまま自然にラティハンが始まっていった。

そのラティハンは、ラグエルとの交流となったのだった。

何か清らかなエネルギーを感じながら、

手の舞のようなことが起こった。

声を出さない、呼吸による風の音のようなトーニングが起こった。

それらが終わると、みぞおちのところにさーっとエネルギーが流れ込んだ。

後で、もう一回ボトルの説明を読み直すと、
このラグエルのボトルは、太陽神経叢への手放しの入り口とも書いてあったので、
ああ、本当にラグエルとの交流が起こっていたんだなと思った。

それから少し時間がたって、
夕食を食べ終えて、窓から夕陽を眺めていた時のことだった。

心静かにくつろいでいると、
ふと、先ほど受け取ったエネルギーに対する理解が起こったのを感じた。

そのエネルギーがメッセージ化されて、私の中に浸み込んできたのだった。

それは、このようなメッセージだった。

「もし幸せが、
例えば、オリンピックの金メダルのようなものだったら、

みんなが一つの価値観における高みを目指し、
限られた人しかそこへ行きつけないようなものだったら、

一握りの人しか天国へは行けない。
あとは地獄のようになってしまう。

そうではなくて、
それぞれの感覚に応じた幸せがある。

幸せは、社会的な価値とは関係がない。
人がどう思うとかも、関係がない。
誰かがこう言ったからとかも、関係がない。

その人が、本当に素直になったとき、そのときに感じる幸せが、その人の幸せ。
そこには、それぞれに、いろんな種類の、いろんな感覚の幸せがある。

そうなったら、どうなる?

全てが、そこらじゅうが、全部天国になりうる。

だから自分を愛すことだよ。

自分の感覚を信じていきなさい。」

ラグエルの、ジャッジをしない気付き、
他人の視点を理解する、
そして比較を超えていく、ということをよく表現しているメッセージだなあと思った。

このメッセージは、
このブログを読んでくださってる人たちに向けても、語られたみたいだ。

自由に、喜んで任せていたら、
ラティハンではこのようなことも起こるのだなと思った。

| | コメント (0)
|

ラティハン③

何回かやっているうちに、
私は自由にラティハンを楽しむようになっていた。

私は、そのときぴったりとくる、好きな姿勢から始める。

寝ころんだまま始まり、そのまま終わることもある。
手だけが舞のように、パラパラのように?動くこともあれば、
太極拳のような舞が起こることもある。

体全体の動きではなく、雅楽みたいなトーニングが起こることもある。
これ宇宙語かな、という感じの言語をしゃべっているときもある。

ふっと舞も、音楽も、こんなふうに原初は、
その場だけの、そのときだけの一期一会の、
ただただ神さまとの感応によって起こるものだったのではなかったか、と思ったりする。

何にせよ、自分の身体能力の許す限り、自由に表現する。

例え、それがもし傍で誰かが見てたとして、ぷっと噴き出すような、
無様なものだったとしても、全然構わない。

やり進めるうちに分かるのは、
これは、神さまと(「存在」でも、「本来の自分」でもなんでもいいけど)、
自分との一対一の睦みごとだということである。

誰のためにでもなく、
何のためにでもなく、
人に見せるためでも、
何かいいクオリティーのものを創造するためでもなく、

神さまと二人きりに、一対一になって、
めくるめく流れの中で、神さまとぴったり手を重ね合わせて、
神さまが押せば、自分は引き、自分が押せば、神さまは引く、
というような、得も言われぬようなぴったりとしたやりとりを通じて、

ただただ、自分が喜びを味わう。
そのためだけに、するのである。

そして本来、生きるということ自体が、
このようなことだったのではないかと、私は思うのだ。

| | コメント (0)
|

ラティハン②

ラティハンとは、簡単に言ってしまえば、
リラックスして、体が動くに任せることである。

宇宙が、または高位の自分が、存在が、自分を動かすことを受け容れることである。

例えば、自動書記なんかもラティハンといえるようだ。

また私は以前、野口整体の自働運動というのをやっていたので、
あ、よく考えたら、もうラティハンやってたんじゃん、と思った。

ただし、自働運動は、
体の使い方の偏りを解消するというようなことも含め、
潜在意識の中にあるひずみとかを解消、浄化するという意味合いが、
まず強いのかなと思う。(私の解釈です。)

ラティハンにももちろんそういう意味があるのだけれど、
そこからさらに進んで、ラティハンの動きを通して、
高位の自分が、神さまがこの肉体を動かす、というところまでいく可能性がある。

動きも私の知ってる限り、自働運動では
皆、体を揺さぶるとか、腕や足がどたばた動くという感じだったけど、
ラティハンでは、精妙な舞みたいな動きも出てくる。
無意識の統制されてない動きから、高位のものとつながって、
美というものが出てくるような感じがある。
そして歓びもある。

この前の旅行から帰ってきた後ぐらいから、ラティハンが始まった。

ラティハンと検索するとあるように、
オープナー(ラティハン経験者)がその場にいると、
最初に行う時、動きが出やすいとか、
また複数で行うと相乗効果が起こりやすいというのは、確かにそうだろうけど、
それは絶対条件ではない、と思う。

むしろ、場に枠とか決まりごとみたいなものがあるとすれば、
自由な歓びあるラティハンにならないだろうなという気がする。

最も大事なのは、リラックスしていることかなと思う。

信頼して、受容してる状態であること。

それがあれば、1人でも、初めてでもいけると思う。

動きが起こるとき、
肉体の自分が動かしてもいけないのだけれど、
でも起こってきた動きに乗っていく必要はある。
自分が内部で拒絶や抵抗をしていると、動かない。

起こってくる動きに受容的である必要がある。

つまりラティハンとは、
自分が行動するのではなく、
行為に身を任せるという機会を、
日常よりもより意識的に持つ場といえるのではないかと思う。

このパイプが太くなっていったときに、
日常がラティハンであり、マハムドラーになっていくのかな?と
思いつつ、やっている。

最初のうち何回かは、加減がつかめなくて
終わった後には浄化が起こって寝込んでいた。
体のことだけではなく、よく分からない層で、強烈な浄化が起こってるみたいだった。

ただこれも、
ラティハンをやって普通に起こることかといえばそうではなく、
私が割ととことんまでいく性質なので、起こったことだろうと思う。


| | コメント (0)
|

ラティハン

ここのところ、
OSHOの『存在の詩』
―タントラのマスターであったティロパが
弟子のナロパに与えた、『マハムドラーの詩』を題材に行った講話―

を断片的に取り上げている。

マハムドラーとは、一体何だろうか。

『マハムドラーとは
そこにおいてあなたが<全体>と分離していない実存の一状態だ。

・・・オーガズムとは、
あなたのからだがもう物質としては感じられないような状態のことだ
それがまさに根底からあまりにも深く波打つために
あなたはそれが物質的なものだということを完全に忘れてしまう

オーガズムにおいてあなたは、もう物質というものが存在していない
肉体のこの最も深い領域へと降りてくる
ただのエネルギーの波
あなたは舞い踊るエネルギーとなる

波打ち――
もう何の境界もない
脈動する――
が、もう実体を持っていない・・・

・・・お互いに愛し合い
お互いに降参し合い
脈動の、波動の、エネルギーであることの
この瞬間に降参し、そしてそれを怖がらなければ
――というのは、それは死のようなものだから

からだが境界を失い
からだが蒸気のようなものになり
からだが実体としては蒸発してしまい
ただエネルギーだけが残るとき――
ひとつのごく微妙なリズムだ

ただしそれはまるで自分がいないかのようだ
ただ深い愛の中でしか人はそこに入り込めない
愛は死のようなものだ

あなたはあなたの物質的イメージに関する限り死んでしまう
自分の肉体だと思っている限りにおいてあなたは死ぬ
体としてのあなたは死ぬのだ

そしてあなたはエネルギーとして
ヴァイタルなエネルギーとして昇華する

・・・ふたりのパートナーが
ひとつのリズムの中に波打ちはじめるとき
彼らの心臓の鼓動も、彼らのからだも一つになり
それがひとつのハーモニーをかもし出す
そのとき
オーガズムが起こる

そのとき、彼らはもはやふたりではない

陰が陽の中に入り込み
陽は陰の中へと入り込み
男が女の中に入り込み
女が男の中へと入り込む

今や彼らは環だ
そして彼らは一緒に振動する
一緒に脈打つ
彼らのハートはもう別々じゃない
彼らの鼓動はもう別々じゃない

彼らはひとつのメロディー、ひとつのハーモニーとなる
それは世に存在しうるもっとも偉大な音楽だ・・・

ふたつのものがひとつになって波打つこの振動を
オーガズムという。

同じことが他の人間とではなく
存在全体との間で起こるとき

それがマハムドラーだ

それが大いなるオーガズムだ』


マハムドラー。

存在全体との大いなる一体感。

私が最も求め、望むこと。

そしてそのマハムドラーが可能となるような試みとして、
OSHOがこの本の中で取り上げていたのが、ラティハンだった。

| | コメント (0)
|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »