« おまかせの法則 | トップページ | Alone=All One② »

Alone=All One

オーラソーマのボトルは次のものへと変わった。

現在は、B86番のボトル「オベロン」を使っている。
「オベロン」は妖精の王様の名前である。

B0863

ボトムにあるターコイズは以前から好きな色だった。

ターコイズは、アトランティスと関係する古代の叡智とつながっている色だとか、
イルカと関わる色ともいわれている。

初耳だったのだけれど、チャクラ的には4.5チャクラという、
ハートチャクラの右側に位置するアナンダカンダセンターと
関わっているといわれている。

このアナンダカンダセンターは、どういう役割を持っているのかというと、
第8チャクラ=ソウルスターの情報が開かれると、
その情報が、第7チャクラ→第6チャクラ→第5チャクラを経て、ダウンロードされ、
ハートの右側にあるアナンダカンダへと至り、
アナンダカンダが活性化すると、中心にあるハートチャクラへと移動する
ということらしい。

確かに、
私は、最初にゼロ番のボトルを使うことによって、
第8チャクラの情報に触れることを求めていた。

第8チャクラから下りてきた情報をハートに下ろすために、
このアナンダカンダセンターを活性化することが必要で、
そのために、このボトルを何となく使いたくなったということは
説明が付くなとは思う。

でも選んだときは、そういうことは全く知らずに、
ただただ惹かれるから、好きだからという理由で選んだ。

今まで使ったどのボトルよりも、友達みたいな親しさを感じている。

なんかぴったりくるんだろうと思う。

このボトルを使いだしたころ、
ふっとヴィッキーさんの『オリジン・オブ・オーラソーマ』を手に取って、
ぱらぱらとめくって読んでいた。

巻末のほうには、それぞれのボトルの説明が載っていて、
そこのところを何となくめくって見ていた時に、
急に 「Alone =All One」という部分が目に入った。
あれっと思った。

何だかその言葉が気になって頭から離れず、
翌日気になって、もう一回その部分を探してみたら、
それは、B43 ターコイズ/ターコイズのボトルについての説明の所に
あったものだった。

つまり、
Alone =All Oneというのが、ターコイズの持つテーマであり、
または問いということになる。

私は、ターコイズの問いを受け取っていたんだなと思った。

それにしても、
確かに、Aloneという字をばらすと、All Oneになる。
でもAlone、つまり孤独であること、が
イコール、All One みんな一つ、とはどういうことだろうか。

私のこれまでの感覚としては、Alone→All Oneだった。
孤独はAll Oneに戻るための契機であり、
決して、ダイレクトにイコールでつながるものではなかった。

表面みんなばらばらに見えるけど、
本当は一つなんだよ、っていうのは、
あちこちで耳にタコができるくらい聞いてきたし、
そんなの私も知っている。

知ってるけど、残念ながら私自身は、それについてそんなに納得のゆく実感がない。
そんじょそこらの「一つ感」では、全然納得がいかないのだ。

このボトルを使っていくうちに、
何だかそこのところが変化をすることになりそうだった。

そしてこのオベロンは、
友達みたいな親密な雰囲気を漂わせながら、
そして友達だからこその思い切りの良さと、手加減のなさをもって、
私に、ずばっと切り込んできたのだった。

|
|

« おまかせの法則 | トップページ | Alone=All One② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おまかせの法則 | トップページ | Alone=All One② »