« 能登半島へ② | トップページ | そして分杭峠② »

そして分杭峠①

そして、翌日、私たちは長野県にある分杭峠に向かうことになった。

あのゼロ磁場として一大ブームを巻き起こした場所である。

これまで、行ってみたいと思ったことはなかったが、何だかこの度行くこととなった。

10時位に富山を出て、しばらくすると、
大きい龍が車の前を先導してくれていることに気づいた。

シルバーなんだけど、白っぽい、透明な感じのシルバーの龍。
鱗が大きい。

その龍を見ているうちに、小さい頃、風邪かなんかで熱に浮かされているときに、
頭の中の映像に、銀色の龍が出てきたことを思い出した。

あ、あのときの龍だと思った。

30年以上もの月日を越えて、関わってくれているということに、何だか胸を打たれた。
(龍には時空は関係ないのだろうけども)

車は道を走っているようにみえるけれども、
今回の旅は時空を超える旅だから、その先導をしてくれているとのことだった。


14時過ぎくらいには岡谷のあたりに着いた。

まずは、諏訪大社にお参りする。

この日は、4社あるうちの、2社、春社と秋社を順に回った。

諏訪大社は数年ぶりである。

春と秋とは、本当によく名付けたなと思うくらい、今が秋でも、
春社には春めいたものを感じるし、秋社は秋だ。

私は、春社も秋社も好きだけど、特に秋社が好きだ。

すっきりとした太い、男前なエネルギー。

かっこいいなぁと思う。

好きなエネルギーに触れて、心が湧き立ち、本当に嬉しくなる。

2社に参拝した後、分杭峠方面へと向かった。

予定では、道の駅に前泊し、早朝分杭峠に向かう予定だったが、
まだ17時位だったので、ちょっと行ってみようかということになった。

ここは、通常は、ふもとからは、駐車場の関係で、シャトルバスでしか行けないということに
なっているみたいだ。

私たちが着いたのはもう、シャトルバスも終了した頃だったので、
邪魔にならないだろうから、車で行ってみよう、となった。

大体、こういう場所に、みんなでバスに乗ってぞろぞろ行くって、
私には、何だかしっくりこない。

シャトルバスの停留所を横目に、峠を登る。
くねくねした山道が10キロほど続き、ゼロ磁場地点といわれる場所に到着した。

でも、バスが入る駐車場も入り口も、全部柵が閉まっていて入ることができない。

Tくんがしょうがないよね、という感じで、車をUターンさせた。

まぁしょうがないかな、と私も思った。
「でも、若い頃だったら多分柵越えて行ってたな」という一言が口をついて出た。

じゃあ、行ってみる?行ってみようか。本当に行くの?
多分大丈夫だよ、ということで、ゼロ磁場地点に向かう途中の道の脇に、
かろうじて停められるスペースがあったので、そこに停めて少し歩いて、
ゼロ磁場地点へ向かうことに。

もう薄暗くなりかけていたので、懐中電灯を手に向かう。

駐車場の柵の脇を通り(越えずとも脇を歩けるようになっていた)、
そのゼロ磁場といわれる所へ、歩いていった。

いわゆる山道である。

数分歩いただろうか、開けたような場所があって、
そこに、何段か木でできたベンチがあって、座れるようになっている。

そこが、ゼロ磁場スポットのようだった。

ここがそうなのか~と思った。

私だけなのかもしれないけれど、
他の場所でエネルギーを感じる感覚とは違う感じ方をする所みたいだった。

むしろ、エネルギーを感じるという感覚が、あまりない気がする。

少し迷いながら、ここかなという感じで、小雨の中、二人でワークした。

駐車場に戻る道すがら、上に上る道があって、そこを上がりたくなった。

あとで知ったが、水場という所(第二の気場?)へ向かう道みたいだった。

その上に出た、水場へ向かう途中でもワークした。

もう、あたりは、懐中電灯なしでは見えないくらい暗くなっていた。


途中、日帰り入浴できるところがあったので、そこでお風呂に入り、
最寄りの道の駅に戻った。

そこで車中泊し、翌日は、諏訪大社上社2社と、尖石遺跡へと向かう。

Tくんは、ゼロ磁場スポットで手がピリピリする感覚を味わい、
感覚が開いたみたいだ、という。

私はどう?ときかれ、
そういえば、首が回るようになったなと思う。

実は、前日、急に(エネルギー状の)羽が生えるなどということがあったせいか、
首が寝違えたように回らなくなっていたのである。

そういえば、首が軽い。

ひょっとしたら、病気治しみたいなことも起こり得る場所なのかな~と思った。

しかし、その夜、もっと面白いことが起こったのである。

続く

|
|

« 能登半島へ② | トップページ | そして分杭峠② »

コメント

夜明け前さん、メールアドレスから想像するに、I さんですね。
お久しぶりです。

その節はごあいさつできず、すみませんでした。
お元気ですか。

角、I さんにすごーく似合うと思いますヨ^^

いつか、手作りのお菓子とパンを、I さんのコーヒーで楽しむひとときが訪れたらいいですね☆彡

投稿: mojud | 2016年10月10日 (月) 18時31分

mojudくん、Tくん元気にしとるね。ワシは角を生やそうと頑張っとるが生えたかなと思ったら引っ込んだりと悪戦苦闘しとるぞ。今度は羽とシッポが必要かね?(笑)
それとmojudくんのお菓子とパンはコーヒーに絶対あうとおもうよ。期待して待っとぞ。

投稿: 夜明け前 | 2016年10月 7日 (金) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 能登半島へ② | トップページ | そして分杭峠② »