« 喜びから人生を生きる!を読んで④ | トップページ | 喜びから人生を生きる!を読んで⑥ »

喜びから人生を生きる!を読んで⑤

みんなの悟りに向けて、
必要な働きかけをすること、必要なことを伝えること、
そのことが、私が生きる目的となっていた。

私は、ずっと、完璧さを生み出すために、
完璧さにたどり着くために、働きかけよう、伝えようとしていたのかもしれない。

そうではなく、
もうすでに完璧であるから、その完璧さが伝えられ、自分がその通り道になるのだということ。

いつの間にか、逆になってしまっていた。

伝えること、働きかけること自体が目的なのでは、なかった。

ということに、どこかで気が付いたから、
私は、その時自分が立っていた場所から、降りたのだと思う。

でも、それがゆえに、
私には、もう何の目的も、残されていないように思えた。

とても苦しかった。

アニータは、私たちが存在する目的について、こういっている。

「何かを達成するために、向こう側の世界から戻ってきたとは思っていません。
私はただ存在するために戻ってきたのです。
ですから、私の行いは全て愛から生まれています。
物事を正しくしようとか、規則や教えに従おうとか、もうまったく気にしていません。
私はただ自分の心に従っていて、そうしていれば間違うことはないと
わかっています。その結果、皮肉にも以前よりもっと多くの人を喜ばせるように
なりました。それは、私自身が前よりずっと幸せで、自由だからでしょう。」

「私たちは、自分自身の道を発見し、喜んで生きるために
ここにいるのだと理解することが、私たち一人ひとりにとって、
一番大切なことなのです。

物質世界と縁を切って二十年間山頂で瞑想しようが、
何千人という従業員を抱える多国籍企業を設立しようが、
全く関係ありません。寺院や教会に通っても、浜辺に座って
マルガリータを飲みながら、愛する人と美しい夕焼けを楽しんでも、
あるいは、アイスクリームを食べながら公園を歩いてもいいのです。

結局、どの道を選んでも、私たちにとっては正しい道であり、
これらの選択のどれも、他の選択より精神的に優れていたり、
劣っているということはありません。」

「私たちは、宇宙と一つであり、私たちの目的は、素晴らしい自分自身でいることです。」

「無限の自己以外には何もないとわかってから、
自分自身を進行中の完璧な作品だと考え始めました。
それは静止状態にあるのではなく、ダイナミックに変化しています。
非常に美しい一つのイメージから、次の美しいイメージへと変わる万華鏡のように、
常に完璧さを映し出しているのです。
これは、人生という旅の中で、明らかな間違いの中にも美しさを
見つけられることを意味します。
なぜなら、それらが私をさらに深い理解へと導いてくれると知っているからです。

私の目標は、自分を好きになり、心から信頼して、
すべてゆだねられるようになることです。
自分の完璧さを観察し始めたとき、外側の世界がそれを反映し始めたのに
気付きました。私は、自分にとって最善のものを引き寄せていたのです。
それはまた、宇宙のために私ができる最善のことでもありました。」

「かつて、私は一生懸命追い求めていました。
行動し、手に入れて、達成しなければならないと感じていました。
けれど、何かを追いかける行為は、恐れから生じているのです。
それは、自分が本当に望むものを持っていないという恐れです。
その状態では、漁師と獲物のような分離の状態にばかり注意が行ってしまい、
二元性の中で身動きができなくなるでしょう。
でも、今の私は、追いかけるのはやめ、ただありのままを受け入れています。

たとえば、人生で実現したい強い願望があるとき、それを必死で
追い求めようとすれば、宇宙エネルギーに対抗するだけだとわかりました。
そこに到達しようと努力すればするほど、私は間違ったことをしていると
実感するでしょう。ありのまま受け入れることは、努力を必要としません。
それは解放されるような感じです。なぜなら、すべては一つなので、
手に入れたいと思っているものはすでに自分のものだと知ることを意味するからです。」

「天国とは、特定の場所ではなく、存在の在り方なのだと理解し、
その至福感はこの世へ戻っても続いていました。
奇妙に聞こえるかもしれませんが、私たちの本当の家も、場所ではなく
一つのあり方にすぎないと感じています。
今この瞬間、私は我が家にいると感じています。
他の場所へ行きたいという気持ちはありません。
ここにいようが、向こう側の世界にいようが、私にとっては全く違いがないからです。
それは全て、私たちのより大きく拡大した、無限である素晴らしい自分の
異なる側面にすぎません。
私たちの本当の家は、一人一人の内側にあり、それは私たちが行くところ、
どこにでもついて来るのです。」

|
|

« 喜びから人生を生きる!を読んで④ | トップページ | 喜びから人生を生きる!を読んで⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喜びから人生を生きる!を読んで④ | トップページ | 喜びから人生を生きる!を読んで⑥ »